注目の美容施設を知る|生まれ変わる美しいアナタ

慎重に店を選ぶ

まつげエクステの発祥は韓国で、韓国から2000年ごろに日本に伝わったとされています。まつげエクステは、美容師免許を持っているまつげエクステ技術者による店舗での施術が主流ですが、日本に伝わった当初はまだ技術が洗練されておらず、様々な健康被害が報告されていました。 その後、人毛のような毛先の細い人工毛が誕生し、まつげエクステは全国的に広がっています。全国的に認識されるようになると、技術の習得が洗練されていない未熟な店舗も増えてきて、健康被害の報告がも増えてきている傾向にあります。接着剤に含まれる成分を表記することが法的に義務付けられておらず、アレルギーを引き起こす成分が含まれていることがあり、店舗を選ぶ際は十分に注意が必要です。

今後は、まつげエクステに使用される接着剤の品質は向上され、エクステ技術者の技術についても洗練されていくと考えられます。一方で、まつげエクステが一般的になっていくにつれて、健康被害も拡大していくことが考えられます。そのため、使用する接着剤や技術についての法的な規制が整えられていくことが予想されます。 また、デザイン性についても利用者にとっては多様な選択肢な広がってくると思います。人工毛の種類も豊富になってきており、太さや長さや色などを自由に組み合わせてつけることができるようになっています。まつげエクステを提供する技術者は、そのような変化の激しい環境の中で自らの技術を磨きながら適応していく必要があります。