注目の美容施設を知る|生まれ変わる美しいアナタ

長持ちさせる方法

まつげエクステは、 自然に長くて綺麗なまつげが保てるので、 近年人気が非常に高いです。 通常、サロンで施術を行います。 一度つけると、3週間から4週間ほどは、 綺麗なまつげが保てます。 3週間過ぎてくると、 毛の周期でエクステがとれてきます。 これは、自然現象なので仕方がないです。 しかし、その他にもまつげエクステがとれてしまう原因があります。 それは、接着剤の劣化や接着部分の摩擦や刺激です。 それが頻繁に起きると、 3週間よりも早くとれてしまう場合もあります。 ちょっとした工夫するだけで、 まつげエクステが長持ちします。 まず、施術後5時間はしっかり乾かします。 接着剤が完全に乾くまでは、 5時間は必要です。 完全に乾くまで水分に触れないことで、 しっかりと粘着し長持ちします。 そして、メイク落としは丁寧に綿棒などで落とすことです。 まつげエクステにあまり触れないように、 メイク落としをするだけで、 長持ちしていきます。 また、メイク落とした後は、 しっかりドライヤーで乾かします。 冷風で下から乾かします。 そして、まつげ美容液をつけます。 元のまつげを強くすることで、 もちは格段に良くなります。

まつげエクステは少しずつとれていきます。 そのため、落ちてしまった部分だけが、 気になってしまいます。 このタイミングで、サロンへ行く人も多いです。 残りのエクステをオフして、 全て新しくつけかえます。 また、部分的につけることも可能です。 しかし、部分的につけるために、 サロンに行く人は少ないようです。 気になっていても、そのまま過ごしてしまう人が多いです。 また、部分的にマスカラを塗る人もいます。 これは、まだ残っているエクステに、 負担がかかります。 そのため、あまりおすすめは出来ません。 通販などで、まつげエクステを自分でつけられるキットなどが販売されています。 これを使えば、いつでも自分でエクステがつけられます。 しかし、全てのまつげエクステを、 自分でつけるのは非常に難しいです。 部分的に少しだけつけたい時に、 セルフでまつげエクステをすることがおすすめです。 部分的につけることを繰り返し、 慣れてくると、全てをつけられるようになります。 最近ではこのような、セルフでまつげエクステをつける人も増えています。